愚痴

気を付けて!実際にされた、素人の危険なアドバイス

素人の危険なアドバイスに惑わされないようにするためにできること

妊娠すると、いろいろな人の経験や意見を聞くことができますよね。

初産婦にとって、妊娠は未知の世界ですよね。

いろいろな人の話を聞くのはとても為になるので、私は好きです。

しかし、素人のアドバイスには、信じてはいけない危険なものも含まれているので注意が必要だと思います。

ここでは、私が実際にされた危険なアドバイスについて紹介しようと思います。

医者以外のアドバイスは全て無視

産婦人科医以外のアドバイスを鵜呑みにする必要性は無い

私は、インターネットの情報も含めて、素人の言うことは全く気にする必要は無いと思います。

[chat face="kai02.png" name="" align="left" border="red" bg="none" style=""]

素人のアドバイスは、危険なものが多いです!←体験談

[/chat]

特に、身内はいろいろとアドバイスをしたがるものです。

私も身内からいろいろと言われますが、ほとんど聞き流しています。

不安に感じたことは、担当の産婦人科医に質問するようにしています。

きっと、私のように、周りからいろいろと言われている人は多いと思います。

実際に私が言われた、ありえないアドバイスを紹介します。

体重

素人の危険なアドバイス 妊娠中の体重管理、体重減少

「どうせ後期になれば体重は増えるんだから、中期にダイエットすればいいじゃない。」

ごはんが食べれず、体重が増えないと悩んでいる時に言われたのが、上の言葉です。

要は、「減らし貯めをしておけばいいじゃん」ということです。

こんなのは論外です!あり得ません!!

私は、6か月目になっても体重が増えませんでした。

それどころか、体重が減ってしまいました。

つわりが終わっても食欲が戻らなかったことが原因だと思います。

妊娠中期の妊婦の体重減少は、胎児の成長にも関わります。

妊婦健診で確認しましたが、妊婦にとって体重管理は非常に重要で、減るのもダメ、増えすぎるのもダメなのです。

つわり時期に少し減ってしまうことはよくありますが、妊娠中期に体重が減るのは要注意です。

妊婦健診では、体重を増やすようになるべく食べるように言われました。

体型

素人の危険なアドバイスお腹の大きさについて。見た目の大きさよりも妊婦の結果を重視

「そんなに小さいお腹じゃ赤ちゃんが育たない。死んでしまう。」

私は妊娠6か月後半になっても、それほどお腹の大きさが目立ちませんでした。

お腹の大きさは目立たなくても、胎児はしっかり成長しています。

妊婦の定期健診で異常がなければ大丈夫です。

[chat face="kai02.png" name="" align="left" border="red" bg="none" style=""]

無責任な言葉に惑わされないようにしましょう。

[/chat]

食事

妊娠糖尿病を甘くみてはいけない。素人の危険なアドバイス

「医者の言うことは半分くらい聞いとけばいい」

妊婦健診で糖が検出され、食べるものに気をつけている時に言われた言葉です。

血糖値を気にしている私でも食べられるようにと用意されたメニューが、白米とコロッケだったり、ケーキやワッフルのような糖質の塊のようなものを食べろ食べろと勧めてきたりされました。

それらを断ると、次は濃厚で有名なアイスを出された時は、私と赤ちゃんを殺す気か!と思いました。

どうやら、医者は大げさに言うから、本当にヤバくなるまでは、対策は取らなくてもいいと思っているみたいでした。

確かに、少し大げさに言うことはあるかもしれませんが、ヤバくなってからでは遅いです。

特に妊婦の場合は、赤ちゃんの成長や、生まれた後の一生の体質にも関わってくる大変重要なことです。

自己責任では済まないのです。

大切なのは大事になる前の予防です。

せっかく病院でリスクの種が見つかったのだから、その言葉を無下にしないようにしたいものです。

運動

素人の危険なアドバイス 妊婦してからの体力づくりは慎重に

「新しくスポーツを始めたら?」

私は、バレーやゴルフを勧められました。

妊婦は体力が必要です。

出産に向けた体力づくりのために、妊娠前にスポーツをしていなかった人が、妊娠してからスポーツを始めるのは大変危険です。

やるなら、体に負担の少ないマタニティヨガのような妊婦向けのものにしましょう。

結構知らない人(忘れている人)がいるみたいで怖くなります。

辛い記憶は幸せで上書きされる

出産経験者は記憶が幸せで上書きされる

これらは実際に私がされたアドバイスです。

妊婦にとっては当たり前のことでも、妊婦以外には当たり前じゃないことがあります。

特に出産経験がある方は、色々とアドバイスしてくれます。

気にかけてもらえるのは、とてもありがたいことです。

しかし、記憶が古かったり、辛かったことは忘れてしまっているので、アドバイスの中には大変危険なものが含まれています。

妊婦自身が最新の情報に敏感になって、全てを信じすぎないようにしたいものです。

あなたが笑顔で過ごせますように♪

ここまで読んでいただきありがとうございます。

気に入ってもらえたらシェアしてもらえると嬉しいです♪

\参考になったらGoodをクリック♪/

-愚痴
-

© 2021 にんまり育児 Powered by AFFINGER5