中期の体調

え、子宮口が開いている!安静の程度と休職の決断

切迫早産なの?安静の程度が分からない。仕事は休むの?

あなたの行っている病院の先生は、きちんと説明してくれる先生ですか?

妊娠中に不調があると、ただでさえ不安なのに、説明が少ない先生だとさらに不安になりますよね。

私は7ヶ月目の妊婦健診で子宮口が開いていると言われ、めちゃくちゃ不安でした。

電話で安静の程度を問い合わせをしても、不快な対応をされて、どこにも相談できずインターネットで調べまくりました。

その時に調べた内容や、私の決断について書いています。

  • 子宮口が開いている、張らないようにしてと言われた
  • 安静の程度がわからない
  • 担当医の説明が少ない(不満がある)
  • 休職しようか迷っている
  • 職場に休みを言いづらい

こんな風に思っている人に是非読んでもらいたいです。

診断内容

26週目の妊婦健診

  • 子宮口が少し開いているので注意するように。
  • 張らない程度に運動してください。
  • 胎児が少し小さいのが気になる。
  • 張り止めを処方された。

切迫早産とは言われませんでしたが、
私の行っている病院(先生)はほとんど説明をしてくれないので、まだ切迫早産ほどひどく無いから、切迫早産と言わなかったのか、ただ言わなかっただけなのか正直わかりません。

休職するにあたって、職場に診断書を提出する必要があり、診断書を書いてもらったら、はっきりと切迫早産と書いてありました。

切迫早産なら、はっきりとそう言ってほしかったです。

子宮頚管の長さについては全く話題になりませんでした。

[chat face="kai03.png" name="" align="left" border="red" bg="none" style=""]

正直なところ、今通っている病院と相性が合わず、健診のたびにストレスを感じています。

[/chat]

安静の程度

きちんと説明をしてくれる病院に通っている人は、そこの先生の言うことを優先してくださいね。

私の場合は病院(先生)からの説明をあまり期待できないので、自分で調べるしかありませんでした。

不安なので調べまくりましたが、どれだけ調べても不安なことに変わりはありませんでした。

せめて子宮頚管の長さだけでもわかっていれば目安になるのでしょうけどね。

4ステップ

いろいろなサイトで調べたことを総合すると、切迫早産の安静の程度は4つの段階があるそうです。

張りに注意

  • お腹に張りを感じたら休む
  • 軽い仕事や家事ならしてもいいが、自己判断で。

自宅安静

  • 最低限の家事以外は寝て過ごす
  • 仕事はNG

絶対安静

  • トイレ以外は寝て過ごす
  • 仕事、家事はNG
  • 自宅が安静に過ごせない環境ならば入院が必要

入院

  • 入院して常に病院の監視下で過ごす

私の場合は張りに注意か自宅安静のどちらかだと思いました。

切迫早産の自覚症状

妊娠中期の切迫早産の自覚症状について調べました。

妊娠初期(切迫流産)や妊娠後期の自覚症状とは少し違うところがあるかもしれません。

また、自覚症状がない場合もあるので、自覚症状がなくても定期的な健診は必要です。

お腹の張り

  • お腹が頻繁に張る
  • 休んでも張りがおさまらない

お腹の痛み

  • お腹全体が痛い
  • 痛みが規則的

出血

  • 出血の量にかかわらず病院に連絡が必要

私の場合は、お腹の頻繁な張りとお腹全体の痛みがありました。

楽観視危険だと思う

私の場合、病院から明確な指示は出ていませんが、普段からほとんど説明をしない先生なので、楽観視はできないと思っています。

私の周りの人の体験などを聞くと、自宅で安静に過ごしておいた方が良いと思いました。

病院については別の日記にまとめようと思います。

知人1(仕事不明)

切迫流産(早産)の診断

最初は自宅安静だったが、最終的にはにかい入院し、正産期に入って出産。

知人2(理学療法士)

切迫流産(早産)になりかけとの診断され、念のために仕事を休んで自宅で過ごしていたが、出血があり絶対安静になった。

正産期に入ってから出産。

知人3(フルタイムデスクワーク)

切迫流産(早産)になりかけとの診断され、
頻繁にお腹が張るのにいつも通りに仕事を続けていたことを医者から怒られる。

お腹が張らないように仕事をセーブして、正産期に入ってから出産。

私の決断

私の周りで少し聞いただけでも、3人の人が切迫流産(早産)の経験がありました。

(話を聞いたときは切迫流産と切迫早産の区別をつけていなかったので、どちらだったのかはわかりません。)

この3人は、どの人も同じことを言っていました。

それは「自分が思ってる以上に体に負担がかかっているから、無理せず休んだ方が良い」ということでした。

先輩妊婦のこの言葉を聞いて、仕事を休んで自宅で過ごすことを決めました。

休みを増やす

病院の診断結果を伝えて仕事を休ませてもらうようにしました。

仕事をしている限り、十分に体を休めることはできないと思いました。

その理由は、職場でお腹が張ったからといって横になれる環境では無いですし、私の性格上少し無理をしてしまうと思ったからです。

有給

現段階で子宮口が開いているので、とりあえず健診を受けた翌日から1週間丸ごと休んで様子を見ることにしました。

健診の翌週(28週目)からは、お腹の張りなどの体調を考慮して、半日出勤を限度とすることにしました。

産休前の休職

当初の予定では34週目から産前休暇に入る予定でしたが、1ヵ月ほど早めてもらい29週目から休みを貰うことにしました。

休みを取りにくい人は

母性健康管理指導事項連絡カードの活用したり、診断書をもらって傷病手当金を受けて休職することも考えたほうがいいかもしれません。

希望しないと会社は何もできない

待っているだけでは会社は何もしてくれません。

配慮してほしいことは自分から希望しましょう。

妊婦の扱いはデリケート

妊娠すると疲れやすくなります。

だからといって、妊婦本人が希望していないのに会社が勝手に判断して、仕事量を減らしたりはしません。

もしかしたら、妊娠本人はもっと働きたいと思っているかもしれないからです。

妊婦本人から申し出がないにもかかわらず、会社が勝手に判断して配慮することはとてもリスクが高いのです。

自分の希望を言わない妊婦に対して、会社ができることは、使えそうな制度を紹介するくらいしかありません。

制度を紹介する時も、使用を強要しないように慎重に紹介するはずです。

要望をはっきり伝える

仕事を軽いものにしてほしいといった要望ははっきりと会社側に伝える必要があります。

最初は言いにくいかもしれませんが、妊婦と赤ちゃんのためにも、きちんと要望を伝えましょう。

ちゃんと希望を伝えないと会社は何も動けません。

マタハラ上司

あまり理解がない上司の場合は、言った言わないの話にならないように、口頭とメールの両方で伝えておくといいかもしれません。

私の知人は、会社は妊婦の働き方について理解があって制度も充実しているけど、上司はマタハラ上司のため、制度を使えず、組合を通じて会社と話をつけたという人もいます。

仕事の弊害

妊娠出産後も仕事を続けたい人は多くいると思います。

[chat face="kai01.png" name="" align="left" border="red" bg="none" style=""]

私も出産も仕事を続けたいと思っています。

[/chat]

私は今、妊娠7ヶ月です。

この7カ月間妊婦生活と仕事(フルタイム)を両立してみて、いくつか仕事の弊害を感じました。

休むのは難しい

妊婦は体調を1番に考えないといけないと言いますが、仕事を休むのはなかなか難しいです。

そう簡単に仕事を休むわけにはいきません。

有給の日数にも限りがあります。

お腹が張ったからといって、仕事中に勝手に横になるわけにもいきません。

[chat face="kai04.png" name="" align="left" border="red" bg="none" style=""]

どうしても無理をしてしまいます。

[/chat]

動きすぎ

フルタイムで仕事をして、帰宅後は家事をしないといけません。

これでは体を休める時間がありません。

女性の社会進出が進んできても、家事の負担はまだ男女平等とはいえませんからね。

伝わらない

妊婦の体は想像以上に疲れやすいです。

妊娠前と同じことをしても、しんどさは同じではありません。

このしんどさは、周りには伝わらないんですよね。

つらいと言ってしまうと、怠けている、甘えていると捉えられてしまいます。

私は、1番身近にいる夫にもなかなか伝わらなかったのがとても残念でした。

伝え方のポイント

病名がある場合は、はっきり病名を伝えたほうがいいと思います。

やんわりと伝えようとしても、相手には伝わっていません。

私の場合は、病院からは切迫早産だとはっきり教えられなかったので、休職をしたいと申し入れるのに、職場に何と伝えたらいいかわからず苦労しました。

職場環境の重要性

妊婦生活と仕事の両立のためには、体調を1番に考えて仕事をセーブすることが必要だと思います。

正産期前に子宮口が開いてしまったら、安静にしなければなりません。

仕事の休みやすさは、職場環境や仕事内容によって人それぞれだと思います。

最終的には自己判断


忙しいのに無理して仕事を休んで、周りに助けてもらうか、
無理して出勤して自分と赤ちゃんがすべての被害を被るか、
あなたならどちらを選びますか?

私は仕事を休むことを選びました。

同じ無理をするなら、会社のためではなく、元気な赤ちゃんを無事に出産するための無理をしたいです。

今まで通りに出勤を続ける、休職する、退職する、どれを選んでもいいと思います。

安静の程度や職場環境は人それぞれですから。

最終的には、自己判断をするしかありません。

[chat face="kai01.png" name="" align="left" border="red" bg="none" style=""]

後悔しない決断をしてほしいです。

[/chat]

あなたが笑顔で過ごせますように♪

ここまで読んでいただきありがとうございます。

気に入ってもらえたらシェアしてもらえると嬉しいです♪

\参考になったらGoodをクリック♪/

-中期の体調
-, ,

© 2021 にんまり育児 Powered by AFFINGER5