引越し

引越しはどうやって荷物を運ぶ?自分で運ぶ?大手業者に頼む?

新築の引越し業者の選び方

マイホームをゲットしたので、引越しをしました。

何度か引越しをしてきましたが、この引越しが最後になると思います。(たぶん)

人生最後の引越しだと思うと感慨深いものがあります。

私の夫は、業者に引越しを頼むのが初めてなので、なんだかあたふたしてました。

私も初めての引越しの時は、どうやって荷物を運ぶのがベストか悩んだのを覚えています。

きっと同じように悩んでいる人はいると思います。

  • 自分で運ぶ
  • 大手業者に頼む
  • 地元業者に頼む

荷物の運び方の選択肢はこの3つぐらいだと思います。

私は過去6回引越しを経験し、3つの運び方のすべてをやってみました。

それぞれにメリットデメリットがあるなと感じたので、参考にしてみてください。

経験してわかった、3つ引越しの仕方の特徴とオススメ

私が過去6回の引越しで感じた、「メリット」・「デメリット」・「向いている引越し」についてまとめました。

自力で荷物を運ぶ

引越し荷物の運び方 自力で運ぶ

メリット

  • 安い

デメリット

  • しんどい

オススメ

  • 荷物が少量・軽量
  • 近距離
  • 手伝ってくれる人がいる
  • 時間に余裕がある

自力引越しの特徴

自力の引越しは、とにかくしんどいです。

初めての一人暮らしで家具家電は現地で調達する時のように、宅急便で運べる程度の量の荷物であれば、自分で運べると思いますが、既に生活している部屋からの引越しは、自力の引越しはおすすめ出来ません。

自力で荷物を運ぶなら、人手も時間もあって、めちゃくちゃしんどいのを覚悟できる人だけにしてください。

単身アパートの引越しでも、思っている以上に荷物は多いです。

いくら安く引っ越したいとはいえ、せめて手伝ってくれた人へお礼はしてあげてくださいね。

実家→アパート1(1K)

初めて一人暮らしをする時には、業者に頼まず、家族で荷物を運びました。

持っていくものは段ボール数個程度だったし、新居も車で3時間程度のところだったので自家用車で運びました。

家電や大きい家具は全て新調したので、購入時に新居に運んでもらうようにしていました。

アパート1(1K)→アパート2(1K)

車で15分程度の近距離の引越しでした。

軽自動車に乗る程度の荷物は、自分でアパート間を往復して運びました。

近いとはいえ、かなりしんどかったです。

一人では運べない家具や家電は、手伝ってもらって丸1日かけて運びました。

地元密着業者の特徴

引越し業者の選び方 地元密着業者へ依頼するときのメリットデメリット

メリット

  • 安い

デメリット

  • サービスにムラがある

オススメ

  • 少しでも安くしたい
  • 荷物を運んでくれるだけで十分

比較的安い地元密着業者の引越しの特徴

私が依頼した業者は、大手に比べると格段に安かったです。

大手の8割程度の見積もり金額でした。

金額が安い分、会社としてのサービスは大手にはかなわないという印象です。

きっと現場のスタッフは、お客さんにたくさん怒られているのだと思います。

挨拶の仕方や、荷物の置き方など、現場のスタッフ個人で対応できる範囲はとても気を付けているなと感じました。

地元密着業者は、会社によって金額やサービス内容はかなりばらつきがあると思います。

大手並みのクオリティの業者もあるかもしれませんが、サービスのクオリティは引っ越してみないとわからないです。

そのへんの「よくわからない」ことに対する不安はあるけれど、安く荷物さえ運んでくれれば、他のことはこだわらない人は地元業者に依頼するのもいいと思います。

アパート2→3→4→5

3回目の引越しからは、業者に頼んで引越しました。

市をまたぐ引越しや荷物が増えた後の引越しは、自力で運ぶのはかなりキツイと思います。

アパートからアパートの引越しは、私はすべて地元業者に依頼しました。

大手の特徴

引越し業者の選び方 大手業者に依頼するときのメリットデメリット

メリット

  • サービス・問い合わせ窓口が充実

デメリット

  • 高い

オススメ

  • 新築への引越し
  • 少しでも手間を省きたい

大手引っ越し業者の特徴

会社としてのサービスが充実していると思います。

見積もりだけでプレゼントをもらえる、専用の梱包材があるのは当たり前という感じです。

引っ越し時に耐震用品を提供してくれたり、各種手続きの代行など、かゆいところに手が届くのが大手の最大の特徴だと思います。

アパート5→新築一軒家

マイホームに引っ越す時には、少し高くても安心できる大手業者に依頼しました。

荷物の量が多く、引越し先が新築だったので少しでもサービスが手厚くて、安心できるところにお願いしました。

引越し業者の選び方

マイホームを購入して新築に引越しする時の引越し業者の選び方

引越し料金が高くても、「安心」を優先させたいなら大手業者の方がいいと思います。

大手業者は、手続きの代行や近所への挨拶等「荷物を運ぶ」以外のサービスもやっています。

私が調べたところでは、アート引越しセンターは家具の移動サービスも行っているそうです。

そういう荷物運び以外のところのサポートを期待するなら大手業者が手厚いと思います。

大手業者なら、もし何かあった時にきちんとサポートしてくれそうな気もします。

「ただ荷物を運んでくれればそれでいい」と思っている人は、あえて大手を選ぶ必要はないと感じています。

見積もり方法

新築に引越しするときの引越し業者の選び方 一括見積サイトを使って相見積もりをとろう

複数業者の見積もりをとった方がいいです。

家財を入力すれば、おおよその引越し金額がでるWebサイトもありますが、全くあてになりません。

私の経験では、Webの見積もりの2倍~5倍ぐらいは当たり前です。

引越しの見積もりは訪問見積もりが基本です。

引っ越し業者の営業担当者が実際に家に来て、荷物の量等を見て見積金額をだします。

相見積もりの依頼には、一括見積依頼サイトを利用します。

出発地点と到着地点などを入力すると、依頼できる引っ越し業者をリストアップしてくれて、自動で見積もり依頼ができます。

1社ずつ自分で見積もり依頼をするのは、とても大変ですし、大手以外の引越し業者の見積もりも一括で依頼できるので、引越し業者を良く知らない人にとっても必須のツールだと思います。

見積もりサイトを使うことで引越しのサービスが手厚くなったり、割引がある場合もあります。

まとめ

引越し日が決まったらまずは見積もりをとりましょう。

大手業者も初めて聞く名前の業者でも、実際に荷物を運んでくれるのは「人」です。

見積もりに来た営業担当者としっかり話をしてみて、この会社なら大切な家財一式を預けられると思える会社にお願いするのがいいと思います。

あなたが笑顔で過ごせますように♪

ここまで読んでいただきありがとうございます。

気に入ってもらえたらシェアしてもらえると嬉しいです♪

\参考になったらGoodをクリック♪/

-引越し
-

© 2021 にんまり育児 Powered by AFFINGER5