引越し

本当に信用していいの?大手引越し業者を盲目的に信用してはいけない理由

新築への引越し

知名度のある大手業者だからといって盲目的に信用するのはできないなと感じることがあったので紹介しようと思います。

過去6回の引越しの経験を通して、学んだことは、引越しは「人」が荷物を運ぶということです。

会社が運んでくれるわけではありません。

「大手だから~」とか「大手じゃないから~」なんてあまり関係ないと思います。

Case1 カモられかけた

新築への引越し

6年ぐらい前のことなので、細かなところの記憶はあいまいですが・・・。

初めて引越しの見積もりを取るときに、某大手業者にカモられかけました。

最初の見積もり金額13万円程度だったのが、最終的には5万円以下ぐらいになりました。

4社の訪問見積もりを予定していて、その大手業者は1社目でした。

人生初めての訪問見積もりで、引越し金額の相場もよくわからず、交渉次第で安くなるということもよくわかっていなかった時にでした。

初めの見積もり金額は、たぶん13万ぐらいだったと思います。

初の引越し見積もりで相場もよくわからない私は、こんなに高いなら、時間かけて自分で荷物を運ぶしかないのかなと思っていました。

すると営業の人が、「うちで引越ししてほしいのでお値段頑張ります!」と言って10万円にまで下がりました。

13万が10万になるまで1分とかからなかったと思います。

一気に3万円も下がったので、私はなめられていたのだと気が付きました。

その後、「上司に連絡します」「即決価格なら~」の常套句を経て、見積もり金額8万円台ぐらいまで下がりました。

その後、別業者に5万円で決めましたとお断りの電話を入れると、4万円台でうちに決めてくれませんか?と提案されました。

なんだか、私が値踏みされているみたいで不愉快だったのでこの大手業者はお断りしました。

Case2 逆にお断り??

新築への引越し

これはごく最近のことなので、鮮明に覚えています。

4社の相見積もりを予定していました。

そのうちの1つの業者(某大手業者)の営業担当者は、契約をとることにあまり積極的ではなかったです。

もしかしたら、契約されないように見積もりをしていたのかもと思いました。

訪問見積もりの時に、私の方から見積もりの条件を出していました。

その条件は、入札の時の決まりに近い感じです。

  • 即決はしない
  • 本日中に業者を決めて連絡する
  • 他の業者の金額を聞いた後で見積もり金額の変更はしないでほしい
  • 決めるまでは、他の業者の金額は教えないし、あなたのとこの金額も他の業者に教えない

この条件を伝えると、「この地域なら、他にどの業者が見積もりに来るのかわかる。他の業者の見積もり金額も自分にはわかる」と前置きをしたうえで、他の業者よりも少し高い金額の見積もりを提示してきました。

「上司に連絡」もなければ、悩む素振りも、交渉する様子や、会社のアピールもありませんでした。

契約したくないなら、定価なみの高い金額の見積もりを出してくれればわかりやすいのになと感じました。

お互いに時間を無駄にしただけの訪問見積もりでした。

Case3 アルバイトがいた方が丁寧

新築への引越し

社員とアルバイトの組み合わせて作業している時の方が、社員だけで作業している時よりも、丁寧に荷物を運んでくれました。

最初に来た作業員は4人で、そのうちの2人がアルバイトっぽい人でした。

社員とアルバイトのペアになって行動していて、社員がアルバイトを指導するように作業をしてくれていました。

社員&アルバイトの組み合わせのときには、アルバイトが下のリストのようなことをしようとすると、注意する場面がありました。

上下関係がはっきりしているので、指示や注意しながらチームプレーで仕事をしてくれました。

リーダーが「何が入っているか書いてある面が見えるように置いて!」とアルバイトに指示しているのを見た時には、この人たちにお願いしてよかったと思いました。

引越しが終盤になってくると、アルバイトの2人と交代で社員らしき人が4人ぐらい応援にきました。

その応援の人たちは、作業はとても早いけれど、やることが雑でした。

全て社員になると、会社での上下関係と現場の責任者がごちゃまぜになっているみたいでした。

応援に来てくれた先輩や同僚に対して、現場のリーダーは注意することが出来ず、もどかしそうにしていました。

下に箇条書きにした内容はすべて応援の人が来た後のことです。

  • ソフトケースの楽器の上に物を置かれた
  • 段ボールには、どの部屋に持っていくか書かないといけないのですが、3分の1ぐらいの段ボールは書いてある部屋とは別の部屋に置かれていた。
  • 入口付近に煩雑に荷物を運びこまれていたたので、部屋の奥にたどり着けなかった。
  • 指示どうりに梱包しても、すぐに使う段ボールを取りにくいところに置かれた。(すぐに使うものは取りやすいとこに置くので梱包方法を指示されていた。)

まとめ

私の感覚では、大手の引っ越し業者の人は技術はあると感じました。

吊り上げる時も、てきぱき準備して、いつの間にか終わっていました。

きっとしっかり会社から教育されているのでしょう。

早いし、専用梱包も豊富で、養生もしっかりしていました。

だけど、結局荷物を運んでくれるのは人です。

どんなに早くて専用梱包材を使っても、雑に扱えば壊れます。

壊れないものでも、雑に扱われると嫌な気持ちにもなります。

これから引越しをする人は、大手かどうかに惑わされず、この人たちになら大切な家財を預けられると思える業者にお願いするのがいいと思います。

あなたが笑顔で過ごせますように♪

ここまで読んでいただきありがとうございます。

気に入ってもらえたらシェアしてもらえると嬉しいです♪

\参考になったらGoodをクリック♪/

-引越し
-

© 2021 にんまり育児 Powered by AFFINGER5