知っておきたいこと

赤ちゃん講座!友達できなくても行ってよかった理由3つ

赤ちゃん講座、母親学級、パパママ学級、妊婦学級に行って学んだこと、良かったこと

赤ちゃん講座で、歯科衛生士さん助産師さんの話を聞いてきました。

ここでは私が赤ちゃん講座に実際に参加してみて、よかったと思う理由をまとめています。

  • 「赤ちゃん講座に行ってみたいけど、忙しくて行けない」
  • 「どんなことするのか不安」
  • 「友達ができるか心配」
  • 「出産後も仕事を続けたい」

こんな風に思っている人の参考になればと思います。

赤ちゃん学級に参加してよかったと思う理由3つ

母親学級に行ってよかった理由

理由1 助産師さんと話せたこと

一番よかったのは、助産師さんの話を聞けたことです。

たくさんの現場を経験してきた人の言葉は、なんだか重みがありました。

病院にも助産師さんはいますが、フレンドリーに話せる雰囲気ではないですよね。

病院の助産師さんは、なんか対応がドライというか、余裕がないというか、質問は必要最小限に抑えてください的な雰囲気がある気がします。

でも、赤ちゃん講座の助産師さんは、そもそも妊婦と話に来ているので、とてもフレンドリーに話すことができました。

[chat face="kai01.png" name="" align="left" border="red" bg="none" style=""]専門家監修のインターネット記事をたくさん読んで勉強していたとしても、1時間の助産師との話の方が断然!有意義だと感じました。[/chat]

少人数の赤ちゃん講座なので、疑問質問が自由にできたたのもとてもありがたいなと思いました。

理由2 友達ができなかったこと

よく、母親学級で友達を作りましょうと言いますが、今回の赤ちゃん講座では友達はできませんでした。

講座の参加者も友達を作りにきたという感じではなかったです。

でも、それがよかったです。

接点のない赤の他人だからこそ話せる悩みもあります。

この場限りの関係だと割り切ることで、余計な気を使わずに済んだと思います。

理由3 頼れる場所を見つけたこと

私が参加したのは行政がやっている赤ちゃん講座でした。

そこには、産後の親を支援する制度やNPO団体など、お堅い制度から気軽なコミニティーまでたくさんの情報がありました。

先輩ママから「産後は孤独との戦いだ」という話をよく聞きます。

赤ちゃん講座に参加したおかげで、産後に孤独になったら、ここに助けを求めればいいんだ!と思える場所を知ることができました。

きっと、あなたの身近にも悩んだ時に頼りになる場所や制度があるはずです。

けれど、自分で情報収集するのは大変ですよね。

だったら、情報が集まる場所と繋がりを持てばいいんです。

名前は知らなくても顔は知っている程度の繋がりで十分です。

私の場合は、赤ちゃん講座がそのきっかけになりそうな予感がしています。

いきなり行政に相談したり、NPO団体に連絡するのは、私にとってはハードルが高いです。

きっと、ほとんどの人がそうだと思います。

それに比べて赤ちゃん講座への参加はぐっとハードルが下がるので、比較的参加しやすいと思います。

[chat face="kai01.png" name="" align="left" border="red" bg="none" style=""]少しの勇気を出すだけで、ぐっと世界が広がった気がしました。[/chat]

出産後も仕事を続けたい人は、是非参加しておいた方がいいと思いました。

初めての育児で、しかも仕事との両立しないといけない、となった時に、友達でも同僚でもない人との関わりは、貴重だと思います。

[jin-yohaku15]

歯科衛生士さんから聞いた歯のことや、助産師さんから聞いた母乳のこと、胎児との関わり方、妊婦のストレスのことについては、こちらの記事もどうぞ

https://smiley-childrearing.com/breasts/

歯は一生もの!子供の歯のために妊娠中にできること~赤ちゃん講座で歯科衛生士から聞いたこと~

あなたが笑顔で過ごせますように♪

ここまで読んでいただきありがとうございます。

気に入ってもらえたらシェアしてもらえると嬉しいです♪

\参考になったらGoodをクリック♪/

-知っておきたいこと
-,

© 2021 にんまり育児 Powered by AFFINGER5